猫カフェは村上豊彦のパラダイス

猫カフェは村上豊彦のパラダイス

僕は村上豊彦、猫好きでサッカー好きの東京在住大学生です。
現在就職活動中。
ブログやSNSでは就職活動について色々と書いているので、読んで貰えると嬉しいです。
「村上豊彦」で検索してみてください。
就職活動以上にブログネタで多いのは、猫の話題です。
友達からもからかわれてしまうのですが、とにかく猫が大好きです。
なんと言ってもあの気まぐれなところがたまらない魅力です。
「女心と・・・」と移ろいやすいものを指して言いますが、僕に言わせれば、女心以上に猫心は移ろいやすいです。
ついさっきまで仲良く遊んでくれたと思ったら、いきなり逆毛を立てて怒り出したりするのですから。
それでも何故か嫌いになれなくて、ついついちょっかいを出してしまうんです。
最近はまっているのが猫カフェです。
人間と同じで猫の性格も千差万別。
色々な性格の猫が集まっている猫カフェは僕にとっては正にパラダイス!卒業論文に行き詰まったときには、猫カフェで気分転換をしています。

村上豊彦の希望は、猫に埋もれて生活することです

村上豊彦の希望は、猫に埋もれて生活することです

僕の名前は村上豊彦です。
現在卒業論文製作のため頭が沸騰寸前の大学生です。
僕が好きなものは、サッカーと猫。
サッカーは見るのもプレーをするのも好きですが、卒業論文の製作が始まってからはなかなかプレーする時間がとれません。
そんな僕にとって最大の癒やしは、猫です。
書きかけの卒論を目の前に苦しんでいると「ねぇねぇ遊んでよ」と言いたげな表情で猫がすり寄ってくるんです。
頭では一応「遊んでいる場合じゃない!」と思うんですけど、あのまん丸い瞳に見つめられるとついつい「じゃ、遊ぼうかぁ」ってなっちゃうんですね。
自分から甘えてきたくせに気が済むとプイッと離れていってしまうところをみると勝手なヤツとは思うのですが、そこがまた可愛かったりして、結局卒論そっちのけで猫と遊んでしまいます。
そんなことを友人に愚痴ったら「いっそ猫と結婚しちゃえば?」と言われてしまいました。
さすがに結婚は無理ですが、猫に埋もれて生活したいと本気で考えている村上豊彦です。

猫とサッカーが好きな大学生、村上豊彦です

猫とサッカーが好きな大学生、村上豊彦です

はじめまして、僕の名前は村上豊彦と言います。
現在就職活動真っ最中の大学生です。
趣味はサッカー。
サッカーは見るのもプレーをするのも好きです。
僕の自慢は海外のサッカー事情にちょっと詳しいこと!なんでもこい!ってわけじゃありませんが、そこそこ自慢できるくらいは詳しいと思います。
そしてサッカーと同じくらい、それ以上に好きなのは、猫です。
猫の何が好きかって聞かれたら、そりゃもちろんあの「ツンデレ」加減でしょう。
つい今し方まで僕の膝に乗っかってゴロゴロ喉を鳴らしていたかと思えば、急にプイッとそっぽを向いてスタスタ歩いて行ってしまう、そのくせ構って欲しいときにはこちらの都合もお構いなくすり寄ってきて甘えた声で鳴くんですよ。
でもね、あの表情ですり寄られたらもう勝てません、完敗です。
「こいつめぇ〜」なんて言いながら、目尻が下がってしまいます。
もし大学のキャンパスで猫を相手に目尻を下げている男子学生がいたら、それは僕、村上豊彦かもしれません。

村上豊彦の紹介

村上豊彦の紹介

僕は村上豊彦と申します。
22歳の男性です。
大の猫好きであり、猫がいないと生きられないほど猫が好きです。
僕はブログをやっています。
ブログの内容は「猫がかわいい!」、猫の写真を撮ってブログに上げるというような外見だけの思ったことを書いてあるのではなく、猫をモチーフとした商品の紹介、猫に関するイベントの情報、保護された猫に関するニュース、猫カフェの紹介、猫の偏食についてもブログでわかりやすく書いています。
大まかなブログの内容は猫に関する雑学を書いています。
猫が好きな人、これから猫を好きになりたいと思っている人、猫アレルギーで猫に触る事は出来ないけど猫を見る事が好きな人にはこのブログの閲覧はおすすめです。
皆様が僕のブログを読んでいて「なるほど!」と思うことがあったり、猫に興味を持ってもらって楽しむことができれば幸いです。
これからも時間があれば、猫についてのブログを書きたいと思います。
これからも僕、村上豊彦をよろしくお願いします。

どうして猫のケンカは威嚇の鳴き声が長いの?

どうして猫のケンカは威嚇の鳴き声が長いの?

猫が大好きな村上豊彦ですが、猫のケンカについて疑問に思っていることがあります。
それは、どうして猫のケンカは威嚇の鳴き声が長いの?ということです。
みなさんは猫のケンカをみたことがありますか?私は先日大学へ行く途中で、猫がケンカをしている場面に出会ってしまいました。
猫同士がずっと威嚇しあっていたのですが、威嚇の声だけで、猫パンチや猫キックをしなかったのです。
本当はずっとこっそりと見ていたかったのですが、講義に遅れそうになったので、最後まで見ることができずに終わりました。
インターネットで猫のケンカについて調べていると、実は猫はケンカをしたくないということがわかりました。
ケンカしたくなかったけれども、相手の猫と目線があってしまった。
そうすると、威嚇の鳴き声を出して相手を怖がらせようとします。
そして相手の猫が逃げるのを待っているそうです。
威嚇の声が長ければ長いほど、ケンカしたくないから、早くどこかへ行って!と願っている声なのかもしれませんね。
猫については何でも知っている村上豊彦だと思っていたのですが、知らないことがまだまだたくさんあるようです。
もっと猫について勉強していきます!

猫好きに悪い人はいない(!?)

猫好きに悪い人はいない(!?)

デジカメ片手に川沿いを散歩していると、可愛らしい猫を発見。
嬉しくなって写していると、前方でしゃがみこんでいたおばあさんがこちらを見て手招きを。
知っている人? と怪訝に思いがら近づいてみると…。
「見てごらん。
ほら、親猫と子猫」と笑顔で話しかけられた。
孫に似ていたから、つい話しかけちゃったよ…なんて言われたものだから。
「村上豊彦って言います。
猫大好きなんですよ」なんて思わず自己紹介してしまった。
おばあさんがくしゃっと笑う様子が何だかいい感じで。
「僕は大学生なんですけど、サークル活動とかボランティア活動とか就職活動で忙しくて…。
こうして猫と触れ合う時間は癒しのひとときなんです」なんてことまで。
「豊彦っていい名前だねぇ。
きっと親御さんがよく考えてつけてくれたんだね。
猫好きに悪い人はいない。
がんばりなさいよ」なんて言われてしまった。
村上豊彦って平凡な名前だなぁと思っていたけれど、何だかちょっと自分の名前が好きになった。
我ながら、単純だなぁ。

村上豊彦の猫撮影

村上豊彦の猫撮影

猫大好きの村上豊彦のブログ。
今回はかわいい猫の、かわいい写真を撮るべく街を散策することにした。
今日は大学の講義もなく、しかも外を歩くにはうってつけの天気で、雲が1つもない晴れ。
冬だが、日向にいれば意外とあったかく過ごせる。
できたら、今日の青空を含めた写真を撮りたいところである。
私、村上豊彦と猫のツーショットがとれたら飾りたいところだが、誰かにとってもらうわけにもおそらくいかないので、今回は断念することにしよう。
見かけたらすぐに取れるようにカメラは両手にスタンバイし、街を歩く。
猫はすばやいので、生き生きと動いているときはなかなか写真のフレームにおさめるのは難しいが、ゴロゴロとしているときはとてもとりやすいので、日向を狙って歩く。
1日歩いて、何枚か撮れたが、これというベストショットは決めれなかったが、たくさんの猫の、かわいい仕草を見れたので、今度は印刷して飾りたくなるような写真をとれるようにしたい。

村上豊彦のネコ好き講座

村上豊彦のネコ好き講座

どうもこんにちは。
村上豊彦です。
今回はネコ好きの方のために、ネコの正しいしつけ方や、ネコに好かれるためのちょっとしたコツを、私、村上豊彦の経験則を踏まえてご紹介します。
現在ネコを飼われている方も、事情があってそうでない方も、ネコをより好きになるためには必見の知識を講じます! まず、ネコがどういう動物なのかを、しっかりと知っておく必要があります。
例えば、ネコはイヌと違って、飼い主を敬う気持ちを持ちません。
どちらかといえば対等な存在として見なすのです。
故に、頭ごなしに服従させるような態度では、ネコは飼い主を信頼するどころか、むしろ警戒心を抱いてしまうのです。
また、ネコが悪いことをした場合、それがネコにとっては悪い事であるとは判っていません。
ですので、叱りつけるとむしろ逆効果になります。
ネコが何か悪いことをした時には、ダメ、やコラ、などの言葉と同時に、ネコの目をしっかり見て一連の行為を印象づけ、今後そうした行為を行うことを避けるようにさせることが、正しいしつけの行い方です。
ネコをしつける際にも、好かれる際にも、ネコがどのように感じ、考えているのかを、ネコの目線になって見てみようとする姿勢が大切です。

猫とコタツで丸くなる

猫とコタツで丸くなる

最近大学が冬休みに入ったので大好きな猫とのんびり過ごしている村上豊彦です。
我が家には冬になると毎年コタツが出てきます。
そんなコタツは私、村上豊彦も我が家の猫も大好きです。
大学の冬休みの課題をコタツに入ってやっていると猫がよく中へもぐって足に絡まってきます。
足元にすりすりしてくるしぐさがたまらなく可愛いく、課題そっちのけで猫に集中してしまいそうです。
昔から猫はこたつで丸くなるなんて言いますが、なぜ猫はこたつが好きなのでしょうか。
猫はもともと寒さに弱く、日向などの暖かい所が大好きです。
また、穴ぐらのような狭くて安心できる所も大好きです。
さらにこれはちょっと驚きなのですが、猫は人の足の匂いが大好きなのです。
人の足の匂いの成分の中にはマタタビに似た成分が入っているらしく、そのため人の足の匂いが充満するコタツの中が好きなようです。
コタツの中は猫にとって過ごしやすい好きな場所といえます。
僕も冬の間は大好きな猫とコタツで丸くなって過ごそうと思います。

猫が好き!だけど飼えない人へ

猫が好き!だけど飼えない人へ

村上豊彦です。
最近、大学で統計について学んでいるのですが、皆さんは犬派ですか?猫派ですか?とある統計によれば、6:4で犬派の方が多いんだとか。
猫好きとしてはちょっと残念な記録です。
また、犬飼いの人はアウトドア派、猫飼いの人はインドア派の傾向があるそうです。
犬の場合は散歩が必須ですからね。
家で飼えるという点で、一人暮らしの方は猫飼いが多い印象です。
寿命を18年と想定した場合、生涯にかかる飼育費用は犬が300万、猫が130万と言われていますから、費用の面でも猫の方が飼いやすいみたいですね。
ただ、ペットを飼うときに大きな壁となるのがアレルギー。
猫は好きなのに、家族や自分がアレルギーだから飼えない…という方は多いと思います。
アレルギーを抑える方法としては、家の掃除や猫の身体を清潔に保つことでアレルゲンを取り除いたり、薬を服用すること。
猫アレルギーの友人も、病院に相談して飼っていますよ。
友人の猫愛に思わず感心する村上豊彦でした。